OverTheTop岸野里香

NMB48の肩幅キャラ!りかにゃん岸野里香の組んでいるバンド、OverTheTopがダイバーシティでミニライブをするというツイートを発見。

たまたまダイバーシティに用事があったので、これは良いチャンスだと思い見てきた。ついででゴメンね。

正午くらいに用を済ませたので、これも事前に知ってたのだけど、山本彩のサポートなどもしているァイオリ二ストAyasaさんのミニライブを見た。

1人でバックトラックを流しながらのライブ。ァイオリンの裏側に、おそらくワイヤレスの発信機がついていて、足元にはエフェクトボードが。

たぶんハーモナイザーとかアルペジエイター?を使ってたような

それを厚底のサンダルでうまく切り替えてたのがリスペクタブル。

ァイオリンを顎で挟んだまま、両手で客を煽るところが良かった!?弓をクルクル回したり、なかなかアグレッシブ。

細身でシュッとしたかんじなんだけと、結構上腕筋が鍛えられているのを発見してしまった。

以下の動画は当日のものではないが、最近はこういうコスプレをしながら演奏するんだとか。

そこから1時間半くらい待つのだが、外は暑いし、ダイバーシティの中は人がいっぱいで、フードコートも大賑わいで、なんか食べる気しないなあとかウロウロしてたら、前からギターケースを抱えたお兄ちゃんが歩いてきた。

すれ違いざま、あ、もしかして、OverTheTopのヒト?と思って振り向いたら、あっ!りかにゃん発見!

小顔っ!ってのが第一印象。いや、それは肩幅が広いからや。っていうのは、りかにゃんのネタだったなぁ。

ともあれ、午後2時、蒸し暑い野外のステージでライブが始まる。

撮影禁止っていうので、してなかったけど、最後の曲の時だけ限定的に撮影して良いよ、拡散して下さいっていうのを話すことを忘れていたらしいりかにゃん。そのことで混乱したのか、歌詞が飛んじゃって、どうにもならなくなり、一度演奏を止めちゃった。

そんで、もう一度最初から演ると。

おお、これはなかなか珍しい場面に遭遇したわ。ある意味ラッキー。りかにゃんはライブ後にやらかしたとツイート。ま、暑かったからなぁ。

デビューシングルの僕らの旗は聴いていたけど、うーん、ちょっとオーソドックスすぎないか?というのが感想。

8月に発売されるというセカンドシングルのVIVA!無我夢中。

ロックっぽさはないかもしれないけど、こちらのほうがりかにゃんのキャラが湧き出てる気がする。

プロデュースの方針や、他のバンドメンバーの思惑とかあるだろうけど、もっとエグいかんじで行っても良いと思うよ。

NMB48時代のりかにゃんは、安定した歌い手として認知されてた。山本彩をして岸野里香の歌がNMB48の歌のベースになっていると言わしめた。

劇場公演曲のこの世界が雪の中に埋もれる前には彼女の代表曲と言える。

ォーカル、ダンスの高いパフォーマンスもさることながら、同時にりかにゃんは、関西のオモロイお姉さんで、巧みな喋り手でもあり、仕切りも出来た。

卒業後はそういうバラエティ方面に進むのかと思ってたけど、音楽の道へ。

本人も承知だと思うけど、これはなかなかのイバラの道。

各地で地道なライブ活動をしてるようだが、ぜひ頑張ってブレイクしてほしい。

どうしても山本彩と比べられる場面が出てくると思うけど、いつかまた肩を並べてほしいなぁ。まあ肩幅では勝ってるけどな。

そんなNMB48を卒業した一期生の姿を見たその夜に、同じく一期生、木下百花の卒業発表があった。

つづく。

広告を非表示にする