◆すいか畑でつかまえて◆

立秋を過ぎますと、気分もいくらか秋めいてきますが、まだまだ夏を楽しませて〜!ってことで今日は半切りスイカのリメイクアロハ。ピンクハウス1990年夏の作品です。

↑アンアンのグラビアより

ピンクハウスオリジナルプリントが一挙に可愛くなったのは1990年の春夏で、鈴蘭、ジャムびん、でかパイン。可愛さが爆発したこの年はプリント元年と呼ばれていたそうです…と何度もお伝えしていますが、本当に1990年の春夏はプリントが可愛いんです。1989年だって可愛いのはいっぱいありますが(春のクローバー、夏のミックスフルーツ、秋の一輪薔薇)、大きさ、配置、配色的に蕾がほころぶ前な感じですし、華やかな1990年を超えた1991年は逆に控えめで可憐なプリント(格子薔薇、ハートリース)に新鮮な可愛さが見受けられます。

↑半切りスイカ、アップで

そんな1990年の夏のプリントの代表選手は(QPと)半切りスイカです!QPはまだ別の機会に取り上げるとして(先輩ファンのお姉さま方から予約も取り置きもできなくて東京から新幹線で名古屋に買いに行った…なんて伝説を聞いたことも)、半切りスイカはすごくカラフルでポップなプリントです。なんといっても切ったスイカの鮮やかなピンクが可愛いですよね。カールヘルムではレーヨンアロハの展開がありますが、図案の都合でイマイチ可愛くないので、ブロードのスカートからリメイクいたしました。

↑まえ

↑うしろ

ひさびさにこーいうシンプル(笑)なアロハを縫いましたが、いや〜楽でいいです。生地の分量もあるからパーツを加工すル必要もなく、ぼたんもシンプルに5個でいい、みたいな。プリントアーカイブで何枚か作っておきたいうちの1枚です。

ちなみにスイカ柄はもう一点、まん丸スイカもこの年に展開がありました。こちらは金子さんらしいリアルな図案で単純に可愛い!というのとはまた違う魅力にあふれています。