自ら望む者は、変化する

馬を水辺に連れて行くことはできるが、水を飲ませることはできない。

そうなんですよね。

変な人間関係になると、水を飲んだふりをする人がいる。

それを見て、連れてきた人は、

よし、私の思った通りだ!と、したり顔になる。

だけど、飲んだふりをした人は、

本人の見えないところで、

口に含んだ水をぺっ!と、吐き出すのだ。

私たちは、相手のことを思い、結構おせっかいなことをする。

良かれと思ってやっているので、当の本人は良いことをしていると思っている。

おせっかいなことをしているのに、

あいつは、私の言うことを聞かない!

なんて、思いあがる人もいる。

何事も本人のやる気次第なのである。

しかし、そのやる気だが、それを起こさせるようなうまい方法があるわけはない。

人によりさまざまであり、

むしろやる気を起こさせようと働きかけることが、逆効果になることもある。

どこで、やる気のスイッチが入るのかは、本当に人それぞれなのである。

その中では、ほめる、したいことをさせる、小さな達成感を感じる経験をさせるなどが、やる気を起こさせるのに効果があるかもしれない。

いずれにしろ、

自ら望む者が、変化するのだ。